ワキガの遺伝とその確率について

ワキガ体質になるには必ず「親からの遺伝」が考えられます。またその遺伝の割合も7~8割と言われており、親がワキガ体質の場合は殆どが子に遺伝します。
また一番ワキガ臭が活発になるのが、思春期を目安とした時期であり、最も気にしてしまうタイミングです。

親がワキガ体質だとわかっていたり、もしくは親自身が自覚している場合はお子様に早急な対処を行うことが大切です。
昔と違い技術の向上によってワキガは絶対に治ります。放置よりも早急な対策が最も大切です。

親からの遺伝とワキガの臭いの強弱について

実際に親から遺伝することがわかっていただけたと思いますが、「臭い」の強弱についても解説しておきます。
まず親がワキガ体質の方が遺伝する割合はおおよそ7~8割。そして臭いの強弱については個人差があることがわかっています。

これは体内のアポクリン汗腺の量に比例しているため、アポクリン汗腺が多ければ臭いが強く、少なければその逆です。アポクリン汗腺の量までは遺伝による影響は少なく、個人差によって違いがあることを理解しておきましょう。

ワキガ体質を遺伝させない方法はあるの?

結論でいえばありません。今の医学ではどうすることもできません。根拠は優性遺伝の影響だからです。
遺伝子レベルでの問題なので、医学的に根本から解決するということはできませんが、手術によってアポクリン汗腺を排除してしまえばその瞬間から臭いが発生しません。

親がワキガ体質であったとしても、最新の医療技術によってカバーすることができるため、ワキガ体質であっても悲観的になる必要は全くありません。
どちらかというと、ワキガ手術、ワキガ対策の正しい知識を身に着け、迅速に対処することが最も望ましい対策となっています。

親がワキガ体質であった場合の解決策と行動

親がワキガ体質であった場合でも現代においては全く気にする必要はありません。なぜなら手術という最善の方法があるからです。
手術時間は長くて40分程度。また手術をしたからといって日常生活に支障もありません。
簡単に治り、簡単にイヤな臭いから解消されるので安心してください。
どちらかというと、親がワキガ体質であることにコンプレックスを持ち、親に対して色々なことを考えない方が良いでしょう。

何度も言いますが、手術をすれば確実に「治り」ます。よってワキガの悩みを抱えている方はすぐにでも対策をとることがオススメです。